スマートフォンサイトはこちら



よくある質問

Home » よくある質問 » ご用意いただく書類

ご用意いただく書類

印刷用ページ

  • 相続の流れ
  • 相続手続きのご案内
  • ご用意いただく書類
  • よくあるご質問

ポイント

ご用意いただく書類についてご案内します。
ご用意いただく書類は、「遺言書」や「遺産分割協議書」の有無等により異なります。
下図を参考に、該当するA~Dをお選びいただき必要書類をご確認ください。
A~Dに当てはまらない場合は、お問い合わせください。

     

A.共同相続の場合の必要書類

※「遺言書」・「遺産分割協議書」がない場合の必要書類

  • 相続届(当行所定の書類)
    法定相続人の方全員の署名・捺印(実印)が必要です。
  • 戸籍謄本等(*1)
    ご提出いただく戸籍謄本の範囲はこちら
  • 印鑑証明書(発行日より3ヵ月以内のもの)(*2)
    法定相続人の方全員分
  • 通帳(証書)・キャッシュカード・貸金庫の鍵など(*3)

(*1)原本をご提出ください。返却を希望される場合はお申し出ください。
なお、「法定相続情報一覧図の写し」(法務局の発行する認証文付きの書類原本)をご提出いただく場合、戸籍謄本の当行あてのご提出は原則不要です。
取得方法は、法務省のホームページをご参照ください。

(*2)原本をご提出ください。

(*3)紛失されている場合は、お申し出ください。

※取引の内容や相続のご事情によっては、ご案内以外の書類を追加でご提出いただく場合があります。

B.遺言書がなく、遺産分割協議書がある場合の必要書類

  • 相続届(当行所定の書類)
    法定相続人の方全員の署名・捺印(実印)が必要です。
    遺産分割協議書の内容によっては、当行お預かり資産等を承継される方のみの署名・捺印(実印)でお手続きできます。
  • 遺産分割協議書(*1)(*2)
    当行お預かり資産等について承継人が明確となっているものが必要です。
  • 戸籍謄本等(*2)(*3)
    ご提出いただく戸籍謄本の範囲はこちら
  • 印鑑証明書(発行日より3ヵ月以内のもの)(*4)
    法定相続人の方全員分(遺産分割協議書・相続届捺印と同一印)
    遺産分割協議書の内容によっては、当行お預かり資産等を承継される方のみ
  • 通帳(証書)・キャッシュカード・貸金庫の鍵など(*5)

(*1)当行お預かり資産について承継人が明確でない場合、A(共同相続の場合)の手続きとなります。

(*2)原本をご提出ください。返却を希望される場合はお申し出ください。

(*3)「法定相続情報一覧図の写し」(法務局の発行する認証文付きの書類原本)をご提出いただく場合、戸籍謄本の当行あてのご提出は原則不要です。
取得方法は、法務省のホームページをご参照ください。

(*4)原本をご提出ください。(遺産分割協議書のみの捺印の場合は作成時点の印鑑証明書)

(*5)紛失されている場合は、お申し出ください。

※取引の内容や相続のご事情によっては、ご案内以外の書類を追加でご提出いただく場合があります。

C.遺言書があり、遺言執行者がいない場合の必要書類

  • 相続届(当行所定の書類)
    受遺者(当行お預かり資産等を承継される方)の方、法定相続人の方全員の署名・捺印(実印)が必要です。
    遺言書の内容によっては受遺者のみの署名・捺印(実印)でお手続きできます。
  • 遺言書(*1)(*2)
    公正証書遺言でない場合は、家庭裁判所の検認済証明書もあわせてご用意ください。
  • 戸籍謄本等(*2)(*3)
    ご提出いただく戸籍謄本の範囲はこちら
  • 印鑑証明書(発行日より3ヵ月以内のもの)(*4)
    受遺者の方、法定相続人の方全員分
    遺言書の内容によっては、受遺者の方のみ
  • 通帳(証書)・キャッシュカード・貸金庫の鍵など(*5)

(*1)当行お預かり資産について分割割合や承継人が明確でない場合、A(共同相続の場合)の手続きとなります。

(*2)原本をご提出ください。返却を希望される場合はお申し出ください。

(*3)「法定相続情報一覧図の写し」(法務局の発行する認証文付きの書類原本)をご提出いただく場合、戸籍謄本の当行あてのご提出は原則不要です。
取得方法は、法務省のホームページをご参照ください。

(*4)原本をご提出ください。

(*5)紛失されている場合は、お申し出ください。

※取引の内容や相続のご事情によっては、ご案内以外の書類を追加でご提出いただく場合があります。

D.遺言書があり、遺言執行者がいる場合の必要書類

  • 相続届(当行所定の書類)
    遺言執行者の方、受遺者(当行お預かり資産等を承継される方)の方、法定相続人の方全員の署名・捺印(実印)が必要です。
    遺言書の内容によっては、遺言執行者の方のみの署名・捺印(実印)でお手続きできます。
  • 遺言書(*1)(*2)
    公正証書遺言でない場合は、家庭裁判所の検認済証明書もあわせてご用意ください。
    遺言執行者が遺言書で指定されていない場合は、遺言執行者選任審判書謄本もあわせてご用意ください。
  • 戸籍謄本等(*2)(*3)
    ご提出いただく戸籍謄本の範囲はこちら
  • 印鑑証明書(発行日より3ヵ月以内のもの)(*4)
    遺言執行者の方、受遺者の方、法定相続人の方全員分
    遺言書の内容によっては、遺言執行者の方のみ
  • 通帳(証書)・キャッシュカード・貸金庫の鍵など(*5)

(*1)当行お預かり資産について分割割合や承継人が明確でない場合、A(共同相続の場合)の手続きとなります。

(*2)原本をご提出ください。返却を希望される場合はお申し出ください。

(*3)「法定相続情報一覧図の写し」(法務局の発行する認証文付きの書類原本)をご提出いただく場合、戸籍謄本の当行あてのご提出は原則不要です。
取得方法は、法務省のホームページをご参照ください。

(*4)原本をご提出ください。

(*5)紛失されている場合は、お申し出ください。

※取引の内容や相続のご事情によっては、ご案内以外の書類を追加でご提出いただく場合があります。

ご提出いただく戸籍謄本の範囲

お亡くなりになったお客さまの出生から死亡までの連続した戸籍謄本等及び法定相続人の方を確認できるすべての戸籍謄本等が必要です。
主なケースをご案内しますのでご参照ください。

(1)配偶者と子どもが相続人の場合
    ご用意いただく戸籍謄本
1 被相続人 出生から亡くなられるまでの連続した戸籍謄本
2 相続人(子A・B) 結婚などで被相続人の戸籍から除籍されている場合は現在の戸籍謄本(または戸籍抄本)

連続した戸籍謄本とは

(2)配偶者と父母が相続人の場合
    ご用意いただく戸籍謄本
1 被相続人 出生から亡くなられるまでの連続した戸籍謄本
2 相続人(父・母) 現在の戸籍謄本

連続した戸籍謄本とは

(3)ご兄弟姉妹と甥が相続人の場合(一般的な例です)
    ご用意いただく戸籍謄本
1 父(故人)・母(故人) 出生から亡くなられるまでの連続した戸籍謄本
2 被相続人 結婚などで被相続人のご両親の戸籍から除籍されて以降、亡くなられるまでの連続した戸籍謄本
3 兄弟姉妹(例:弟B(故人))
4 相続人(例:弟A・甥C) 結婚などでご両親の戸籍から除籍されている場合、現在の戸籍謄本(または戸籍抄本)

連続した戸籍謄本とは

詳しくはお近くの百十四銀行窓口までお問い合わせ下さい。



  • 商品概要説明書
  • 手数料一覧
  • 金利為替一覧
  • 本日の外国為替相場
  • お問い合わせ
  • 店舗・ATM
  • サイトマップ
  • お知らせ・トピックス
  • メールオーダーサービス
  • Annual Report
  • 114のCM情報
  • ホームページのご利用にあたって
  • 頭取メッセージ
  • プライバシーポリシー
  • 特定個人情報等の取扱いに関する基本方針
  • 金融犯罪にご注意ください
  • 金融商品勧誘方針
  • 保険募集指針
  • 利益相反管理方針
  • 反社会的勢力に対する基本方針
  • マネー・ローンダリング等防止ポリシー
  • ペイオフQ&A
  • ソーシャルメディア利用規約
  • 114グループ企業一覧
  • リンク集
  • お客さまの資産運用及び資産形成をご支援する業務の基本方針
  • 金融円滑化に向けた当行の取り組み
    • 中小企業向け
    • 個人ローン向け
    • 法定開示情報
    • 条件変更等の実施状況
  • 財務局・財務事務所の金融円滑化相談窓口
  • CSR活動への取り組み
  • ダイバーシティへの取り組み
  • 地域密着型金融への取り組み
  • 百十四銀行学術文化振興財団
  • 百十四社会福祉財団
  • 東日本大震災に関するお知らせ
  • 加盟店情報交換センターについて(日本クレジット協会)
百十四銀行