経営理念・方針

経営理念

百十四銀行は、お客さま第一主義の徹底により「お客さま・地域社会との共存共栄」を図るとともに、「活気ある企業風土の醸成」を実践し、「健全性の確保」と「企業価値の創造」の実現をめざしております。
企業価値とは、株主・投資家の皆さまにとって投資対象としての価値であり、お客さま・地域社会・従業員にとっての当行の存在価値を示すものです。

この経営理念には、『当行のステークホルダー(利害関係者)である、株主さま、お客さま、地域社会、従業員、すべてにとって価値のある企業であり続けたい』という当行の決意が込められております。

内部統制システムの整備に係る基本方針

経営理念に基づき、地域社会やお客さまからの揺るぎない信頼を得るため、業務の適性を確保する体制に係る基本方針として、「内部統制システムの整備に係る基本方針」(260KB)を定め、業務の健全性・適切性を確保する態勢を整備しております。

百十四銀行本店外観

行動指針

百十四銀行は、上記「経営理念」の実現に向け、当行の役職員がステークホルダーの皆さま方とともに大切にしたい価値観や考え方を「百十四銀行 行動指針」として以下の通り定めております。

対話を密にし、相互の信頼を深めます

お客さま、地域社会、株主さま、そして風通しの良い明るい職場環境づくりを通じた仲間達など、すべてのステークホルダーとの積極的な対話により、相互の信頼を深めます。

プロフェッショナルとして成長するための努力を惜しみません

お客さまの成長と幸せの実現に共感し、提供するサービスの品質向上に努めます。

多様性(ダイバーシティー)を理解し、人権を尊重します

チームメンバーの多様性を理解し、何事にも公正・誠実な対応により人権の尊重に取り組みます。

環境の負荷軽減に努め、地域の活性化に貢献します

地域への感謝の気持ちを忘れず、環境保全活動に積極的に取り組むとともに、様々な活動を通じて、地域の魅力を高めます。

ステークホルダーの期待を超える行動を実践します

対話を通じて理解を深めたすべてのステークホルダーの期待を超える応対や活動を実践します。

全役職員は行動指針に掲げる行動を率先して実践し、すべてのステークホルダーとの共通価値を創造してまいります。

環境方針

郷土の豊かな自然を守ることは、地域社会の一員である百十四銀行の使命であり、自らの企業価値を向上させる重要な経営課題です。
当行は、企業活動における環境負荷軽減を図るとともに、環境保全に取り組むお客さまを支援することにより、持続可能な社会の実現に貢献します。

法令・規則の遵守

環境保全に関する法令・規則に加えて、当行が賛同する環境に関する各種協定及び基準を遵守します。

環境負荷の低減

省資源、省エネルギーなどの推進により、環境負荷の低減につとめます。

環境保全活動の促進

環境問題への理解を深め、役職員一人ひとりが行内外での環境保全活動を促進します。

お客さまの取組み支援

環境に配慮した商品やサービスの提供などを通じて、お客さまの環境への取組みを支援します。

情報開示と対話

積極的な情報開示とステークホルダーとの対話を通じ、当行の環境保全に関する取組みの改善につとめます。

人権方針

人権の尊重は、安心安全で豊かな社会を実現するために必要不可欠であり、その社会的責務を果たすことは、地域社会の一員である百十四銀行の重要な経営課題です。
当行は、採用活動をはじめとする企業活動のあらゆる局面において人権を尊重し、社会から信頼される企業として持続可能な社会の実現に貢献します。

国際規範の尊重

世界人権宣言をはじめとする人権に関する国際規範を尊重します。

差別の排除

あらゆる企業活動において、人種、国籍、信条、宗教、障がい、出身、性別、性的指向、性自認などを理由とした差別や人権侵害を行いません。

働きやすい職場環境の整備

一人ひとりの人権を尊重し、ハラスメントのない働きやすい職場環境を整備します。

人権教育の実施

人権に関する正しい理解と認識を深めるため、人権問題に関する教育を継続的に実施します。

情報開示と対話

積極的な情報開示とステークホルダーとの対話を通じ、当行の人権に関する取組みの改善につとめます。

もっと百十四銀行を知る!

ディスクロージャーとは会社がステークホルダーに対して経営状況などの情報を公開している資料です。

ディスクロージャー誌 ミニディスクロージャー誌

百十四銀行のESG・SDGsへの取り組み

当行は、持続可能な社会の実現に向けて、ESG(環境・社会・ガバナンス)に関する社会問題の解決や、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の達成に取り組むことにより、地域の皆さまと明るい未来を創造してまいります。