百十四銀行について

百十四銀行の歴史

1872年(明治5年)、わが国に銀行制度が採用され、国立銀行条例が公布されました。
この条例に従って1872年(明治5年)~1879年(明治12年)の間に全国で153の国立銀行が設立されました。

国立銀行は、当局により設立出願の許可順に付された番号により命名されました。最初に出願許可されたのは東京の第一国立銀行で、最後に出願許可されたのが京都の第百五十三国立銀行という具合です。

このようにして、114番目に出願許可されたのが香川県高松市の第百十四国立銀行です。

当行は1878年(明治11年)の創業以来、「地域社会への貢献」と「健全経営」の経営理念のもと、百有余年にわたりゆるぐことなく続いてきた伝統ある銀行であり、今では数少ないナンバーバンクの一つです。

詳しくはこちら
名称 株式会社 百十四銀行(金融機関コード:0173)
The Hyakujushi Bank, Ltd.
本店所在地 〒760-8574
香川県高松市亀井町5番地の1
創業 1878年(明治11年)11月1日
総資産 4兆9,686億円
総預金 4兆2,446億円(譲渡性預金を含む)
貸出金 2兆8,458億円
資本金 373億円
発行済株式総数 300,000千株
連結自己資本比率 9.18%
従業員数 2,250人
役員一覧 役員一覧
組織図 組織図
店舗数 124店舗(本支店103、出張所21)
海外駐在員事務所2(上海・シンガポール)
店舗外ATMコーナー 164カ所

<2019年9月30日 現在>

114グループ企業一覧

会社名 本社所在地 資本金:百万円
(当行議決権所有割合)
設立年月 主要業務内容
日本橋不動産(株) 高松市亀井町5-1 65
(100%)
1959年(昭和34年)2月 不動産の賃貸・管理
百十四ビジネスサービス(株) 高松市亀井町7-15
(セントラル第1ビル5F)
10
(100%)
1980年(昭和55年)7月 現金等の精算・整理、ATMの保守・管理
(株)百十四人材センター 高松市塩屋町8-1
(セントラル第2ビル6F)
30
(100%)
1989年(平成元年)8月 労働者派遣事業・委託による受託業務
百十四財田代理店(株) 三豊市財田町財田上2223-2 10
(100%)
1989年(平成元年)10月 銀行業務の代理店業
(株)百十四システムサービス 高松市亀井町7-15
(セントラル第1ビル7F)
90
(60%)
1986年(昭和61年)2月 電子計算機による情報処理受託業務
(株)百十四
ジェーシービーカード
高松市田町11-5
(セントラル田町ビル7F)
50
(60%)
1988年(昭和63年)2月 クレジットカード業務、金銭貸付
(株)百十四
ディーシーカード
高松市田町11-5
(セントラル田町ビル7F)
30
(50%)
1982年(昭和57年)12月 クレジットカード業務、金銭貸付、信用保証業務
百十四
総合保証(株)
高松市塩屋町8-1
(セントラル第2ビル1F)
30
(42%)
1979年(昭和54年)4月 信用保証業務
百十四リース(株) 高松市亀井町5-1 500
(38%)
1974年(昭和49年)4月 総合リース業、ベンチャーキャピタル業務

(2018年7月末現在)

もっと百十四銀行を知る!

ディスクロージャーとは会社がステークホルダーに対して経営状況などの情報を公開している資料です。

ディスクロージャー誌 ミニディスクロージャー誌

百十四銀行のESG・SDGsへの取り組み

当行は、持続可能な社会の実現に向けて、ESG(環境・社会・ガバナンス)に関する社会問題の解決や、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の達成に取り組むことにより、地域の皆さまと明るい未来を創造してまいります。