平素より百十四銀行をご利用、お引き立ていただき、まことにありがとうございます。

当行は、明治11年の創業以来、地域のリーディングバンクとしてお客さまや地域社会の発展と共に歩み、今日の基盤を築いてまいりました。これは皆さまの温かいご支援の賜物と深く感謝しております。

少子高齢化や人口減少、マイナス金利に象徴される大規模な金融緩和により地域金融機関の収益環境は厳しさを増しております。また、テクノロジーの進化による金融サービスの高度化や、それに伴うお客さまの行動の多様化から、金融機関のビジネスモデルは大きな転換点を迎えております。

このような状況下、当行は、新たな中期経営計画「トライ☆ミライ!」(計画期間2020年4月~2023年3月)をスタートさせ、めざすべき姿を「当行ならではの新たな価値提供を通じて、お客さま・地域の未来を共創する総合コンサルティング・グループ」としました。

本計画のもと、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けているお客さまの支援に最優先で取り組むとともに、お客さまや地域社会が抱える課題解決に全力で取り組み、ステークホルダーの皆さまが笑顔で過ごせる未来の共創に挑んでまいります。

また、その実現に向け、金融の枠にとらわれない質の高いコンサルティングを通じて「お客さま・地域との共通価値創造」に取り組み、お客さま及び地元香川県の様々な課題を解決する「地域のプラットフォーマー」をめざしてまいります。

皆さまにおかれましては、なお一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。

2020年6月
取締役頭取 綾田裕次郎

もっと百十四銀行を知る!

ディスクロージャーとは会社がステークホルダーに対して経営状況などの情報を公開している資料です。

ディスクロージャー誌 ミニディスクロージャー誌

百十四銀行のESG・SDGsへの取り組み

当行は、持続可能な社会の実現に向けて、ESG(環境・社会・ガバナンス)に関する社会問題の解決や、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の達成に取り組むことにより、地域の皆さまと明るい未来を創造してまいります。