スマートフォンサイトはこちら



お知らせ・トピックス

Home » お知らせ・トピックス » 2011年度下期 » ABLに関する業務提携のお知らせ

ABLに関する業務提携のお知らせ

印刷用ページ

平成23年12月15日

株式会社百十四銀行は、株式会社三菱総合研究所及び株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパンと3社で、ABL(アセット・ベースト・レンディング:動産担保融資)に関する業務提携を締結しましたのでお知らせします。
これにより、主に、小口動産を対象としたABLの取組が可能となり、不動産担保を持たない中小企業や、創業段階の企業等への機動的な資金供給をさらに支援して参ります。

1.目的

銀行が在庫等を担保としてABLを取り組む場合、顧客との十分なリレーションとともに、第三者の専門機関との連携による担保評価や有事の際の管理・処分態勢の構築が必要となります。また、それには、コストや時間が必要なことから、地域金融機関が主対象とする中小企業融資には、十分な活用ができていませんでした。
今回、株式会社三菱総合研究所及び株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパンとの下記業務提携により、小口動産にも対応できる簡易評価態勢を構築しました。

2.業務提携の内容

○株式会社三菱総合研究所
同社が開発した「動産評価シート」(注1)の提供を受け、動産評価に要するコスト、時間の大幅な削減を図ります。
なお、「動産評価シート」の提供は、地域金融機関としては全国初となります。

○株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパン(注2)
対象動産の担保適正や管理・保全面での注意点等のアドバイスを行うとともに、必要に応じて、対象動産のより詳細な評価業務や有事の際の対象資産の適切な換価業務のサポートを同社より受けます。

3社の体制は、以下の通りです。

(注1)政府が公表する統計情報やインターネット市場等の取引実績の膨大な情報をデータベース化し、統計手法を活用して動産の担保価値を評価するモデル。株式会社三菱総合研究所は、百十四銀行に本モデルを提供するとともに、本モデルを活用した簡易な評価のアドバイスを行います。これにより、特に中小企業を中心とする小口ABLの評価業務では、以下の効果が期待できます。

  1. 1件あたり数万円と安価に評価ができる。
  2. 評価結果の透明性、客観性が維持できる。
  3. 評価結果の継続的管理ができる。
  4. 評価業務の時間短縮ができる。

(注2)株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパンは、動産担保評価、動産買取・換価の分野で世界最大手の米国Gordon Brothers Groupと日本政策投資銀行が主体となって合弁で設立した法人で、動産評価、換価、融資によって金融機関のサポートを行っています。

詳しくはお近くの百十四銀行窓口までお問い合わせ下さい。



  • 商品概要説明書
  • 手数料一覧
  • 金利為替一覧
  • 本日の外国為替相場
  • お問い合わせ
  • 店舗・ATM
  • サイトマップ
  • お知らせ・トピックス
  • メールオーダーサービス
  • Annual Report
  • 114のCM情報
  • ホームページのご利用にあたって
  • 頭取メッセージ
  • プライバシーポリシー
  • 特定個人情報等の取扱いに関する基本方針
  • 金融犯罪にご注意ください
  • 金融商品勧誘方針
  • 保険募集指針
  • 利益相反管理方針
  • 反社会的勢力に対する基本方針
  • マネー・ローンダリング等防止ポリシー
  • ペイオフQ&A
  • ソーシャルメディア利用規約
  • 114グループ企業一覧
  • リンク集
  • お客さまの資産運用及び資産形成をご支援する業務の基本方針
  • 金融円滑化に向けた当行の取り組み
    • 中小企業向け
    • 個人ローン向け
    • 法定開示情報
    • 条件変更等の実施状況
  • 財務局・財務事務所の金融円滑化相談窓口
  • CSR活動への取り組み
  • ダイバーシティへの取り組み
  • 地域密着型金融への取り組み
  • 百十四銀行学術文化振興財団
  • 百十四社会福祉財団
  • 東日本大震災に関するお知らせ
  • 加盟店情報交換センターについて(日本クレジット協会)
百十四銀行