スマートフォンサイトはこちら



Home » ペイオフQ&A

ペイオフQ&A

印刷用ページ

ペイオフって何のこと?

Q1. ペイオフとは、何のことですか?
Q2. 預金保険制度とは、どんな制度ですか?
Q3. 預金保険対象商品と保護の範囲は?
Q4. 預金保険で全額保護される範囲は?
Q5. 元本1,000万円を超える部分とその利息は、どうなるのですか?
Q6. 預金保険制度の対象となる金融機関は、どんなところですか?
Q7. 金融機関が破綻した場合、外貨預金はどうなるのですか?
Q8. 金融機関が破綻した場合、国債はどうなるのですか?
Q9. 金融機関が破綻した場合、投資信託はどうなるのですか?
Q10. 金融機関が破綻した場合、借入金と預金は相殺できるのですか?
Q11. 法人や法人格のない団体 (例えばマンション管理組合など) の預金は、預金保険制度で保護されますか?
Q12. 同一の金融機関に法人の代表者名義の預金と代表者個人名義の預金がある場合、それぞれ1,000万円支払ってもらえるのですか?
Q13. 同一の金融機関の複数の支店で預金をしている場合、保険金はいくら支払ってもらえるのですか?
Q14. 家族の預金は、家族全員で元本1,000万円までとその利息しか保護されないのですか?

金融機関が破綻しなければ、お客様にペイオフの影響は全くありません。
詳しくは、預金保険機構のホームページ「預金保険制度の解説」をご覧ください。

詳しくはお近くの百十四銀行窓口までお問い合わせ下さい。



  • 商品概要説明書
  • 手数料一覧
  • 金利為替一覧
  • 本日の外国為替相場
  • お問い合わせ
  • 店舗・ATM
  • サイトマップ
  • お知らせ・トピックス
  • メールオーダーサービス
  • Annual Report
  • 114のCM情報
  • 頭取メッセージ
  • プライバシーポリシー
  • 特定個人情報等の取扱いに関する基本方針
  • 金融犯罪にご注意ください
  • 金融商品勧誘方針
  • 保険募集指針
  • 利益相反管理方針
  • 反社会的勢力に対する基本方針
  • マネー・ローンダリング等防止ポリシー
  • ペイオフQ&A
  • 114グループ企業一覧
  • リンク集
  • 金融円滑化に向けた当行の取り組み
    • 中小企業向け
    • 個人ローン向け
    • 法定開示情報
    • 条件変更等の実施状況
  • 財務局・財務事務所の金融円滑化相談窓口
  • CSR活動への取り組み
  • ダイバーシティへの取り組み
  • 地域密着型金融への取り組み
  • 百十四銀行学術文化振興財団
  • 百十四社会福祉財団
  • 東日本大震災に関するお知らせ
  • 加盟店情報交換センターについて(日本クレジット協会)
百十四銀行