特徴・メリット

  1. 自分自身で積み立てて、原則60歳以降に受け取ります。
  2. 掛け金は毎月5,000円から選べます。限度額は、国民年金の被保険者種別や、企業年金の加入状況により異なります。
  3. 運用商品は「投資信託」や「定期預金」から選ぶ事ができます。

老後のためにコツコツそなえる

毎月積み立てるため、20〜30代から始めると時間を味方につけた資産形成ができます。

税制優遇措置について

iDeCoは、さまざまな税制優遇措置が受けられます。

掛け金は全額所得控除

運用益は非課税

運用益が非課税になります。通常、税金として差し引かれる金額を運用に充てられるため、高い複利効果が期待できます。

受け取り時も税制優遇

年金資金を受け取る場合は、給付金や受け取り方法により異なる税制メリットが受けられます。

上記は、2022年4月現在の税制に基づいて計算しています。

留意点

iDeCoにはメリットがある一方で、留意していただかなければならない点もあります。 これらの特徴をご理解いただいた上で、ご加入いただくことが重要です。

運用はすべて自己責任

  • 確定拠出年金は、加入者が自分で運用商品を選び運用していくため、運用成果については、自己責任となります。
  • 老後に受け取る金額は、自己の運用次第で変動するので、事前に確定しません。

途中引き出しは原則不可

確定拠出年金は、あくまでも「老後の資金形成」が目的であるため、原則として60歳になるまで途中引き出しは認められていません。

手数料などのコストが必要

個人毎のデータの記録に関する管理費用などが必要になります。

  • 申込手数料:加入申込手数料
  • 利用手数料:事務取扱手数料、資産管理手数料、運営管理手数料
  • その他手数料:掛金還付手数料、年金給付手数料 など

iDeCoの流れ

  • Step1拠出(積み立て)

    掛け金の額

    • iDeCoの掛け金は毎月定額(5,000円以上1,000円単位)の掛金を拠出していただく方法の他に、年1回以上、任意に決めた月にまとめて掛金を拠出していただく方法も可能です。その場合においても年額の拠出限度額を超えることはできません。
    • 掛金額の変更は年1回のみ行うことができます。

    払い込み方法

    • 自営業・専業主婦(夫)の方:金融機関等のご指定口座から自動引き落としで払い込みます。
    • 企業にお勤めの方:お勤め先の企業が給与から天引きして払い込むか、ご自身の口座から自動引き落としで払い込むか選択できます。
  • Step2運用

    • 3種類以上の運用商品から選択できます。
      預貯金公社債投資信託など
    • 商品の預け替えはいつでも可能です。
  • Step3受け取り

    受け取りは一時金、年金、又は年金一時金併用から選べます。年金の場合は受取期間5年~20年、受取回数年1~12回の中で選択可能。

    • 老齢給付:一時金 / 年金 / 一時金、年金併用
    • 障害給付:一時金 / 年金 / 一時金、年金併用
    • 死亡一時金
    • 脱退一時金(条件あり)

    老齢給付金の受給要件

    原則60歳から受給することができます。なお、75歳までに受給の請求が必要です。
    通算加入者等期間(※)が10年未満の場合は、通算加入者等期間によって受給開始年齢は下記のとおりとなります。
    通算加入者等期間 8年
    以上
    6年
    以上
    4年
    以上
    2年
    以上
    1ヵ月
    以上
    受給
    開始
    年齢
    61歳 62歳 63歳 64歳 65歳
    なお、通算加入者等期間を有しない60歳以上の方が加入者となった場合、加入者となった日から5年を経過した日より老齢給付金を請求することができます。
    • (※)通算加入者等期間とは確定拠出年金(企業型またはiDeCo)の「加入者等」であった期間(60歳未満の期間に限る)のこと

商品概要

加入対象者

以下の①~③を除く、国民年金の被保険者

  • ①企業型確定拠出年金を導入している会社に勤務する方で、個人型確定拠出年金に加入できることが企業型確定拠出年金の規約に定められていない場合、またはマッチング拠出が導入されている場合
  • ②国民年金保険料の納付免除者・納付猶予者
  • ③農業年金加入者

契約口数

1人1口

掛金拠出限度額

自営業者等(第1号被保険者) 年額81.6万円(月額6.8万円)
会社員(第2号被保険者)で企業年金等(企業型確定拠出年金のみ加入)に加入している場合 年額24.0万円(月額2.0万円)
会社員(第2号被保険者)で企業年金等(企業型確定拠出年金以外の企業年金等がある)に加入している場合 年額14.4万円(月額1.2万円)
会社員(第2号被保険者)で企業年金等に加入していない場合 年額27.6万円(月額2.3万円)
公務員等(第2号被保険者) 年額14.4万円(月額1.2万円)
専業主婦(夫)等(第3号被保険者) 年額27.6万円(月額2.3万円)

加入期間

加入時から国民年金の被保険者である期間

詳細を見る

iDeCoについてさらに詳しく知りたい方は

確定拠出年金情報サービス
イベント・キャンペーン
情報を見る

ご相談・お申し込み