スマートフォンサイトはこちら



運用する

Home » 運用する » 百十四確定拠出年金個人型プラン (確定拠出年金個人型)

百十四確定拠出年金個人型プラン (確定拠出年金個人型)

印刷用ページ

掛金は全額所得控除。受取額は運用実績によって変動。

こんな特長があります

  • 百十四確定拠出年金個人型プランは、自営業者や企業年金を導入していない企業の従業員が任意で加入することができます。
  • 55歳未満の個人事業主、企業年金及び企業型確定拠出年金に加入していない企業の役職員の方にお勧めします。
  • 加入者(個人)が掛金を拠出し、拠出金の運用商品を選択し、受取額は運用結果に応じて変動する年金です。

加入資格

以下の1~4の場合を除く、20歳から60歳までの基本的にすべての方

  1. 企業型確定拠出年金を導入している会社に勤務する人で、個人型確定拠出年金に加入できることが企業型確定拠出年金の規約に定められていない場合、またはマッチング拠出が導入されている場合
  2. 国民年金保険料の納付免除者
  3. 農業者年金加入者
  4. 非居住者(公的年金の対象外)

契約口数

1人1口

掛金払込方法

毎月26日(休日の場合は翌営業日)に本人名義の預金口座から口座振替または給与天引きして事業主名義の口座から口座振替

掛金払込金額

  1. 自営業者等(第1号被保険者)
    5,000円以上68,000円以内(1,000円単位)
  2. 会社員(第2号被保険者)で企業年金等(企業型確定拠出年金のみ加入)に加入している場合
    5,000円以上20,000円以内(1,000円単位)
  3. 会社員(第2号被保険者)で企業年金等(企業型確定拠出年金以外の企業年金等がある)に加入している場合
    5,000円以上12,000円以内(1,000円単位)
  4. 会社員(第2号被保険者)で企業年金等に加入していない場合
    5,000円以上23,000円以内(1,000円単位)
  5. 公務員等(第2号被保険者)
    5,000円以上12,000円以内(1,000円単位)
  6. 専業主婦等(第3号被保険者)
    5,000円以上23,000円以内(1,000円単位)

加入期間

加入時から60歳到達月の前月まで

据置期間

50歳以上で加入した場合は加入期間に応じて1~5年

受取方法

一時金、年金、又は年金一時金併用
年金の場合は受取期間5年~20年、受取回数年1~12回の中で選択

運用商品

下記の23商品の中から加入者が選択(インターネットや電話で運用割合変更や預け替えが可能)

  • 114確定拠出年金定期預金(1年もの)
  • 114確定拠出年金定期預金(3年もの)
  • 114確定拠出年金定期預金(5年もの)
  • 年金積立アセットナビゲーションファンド(株式20)
  • 年金積立アセットナビゲーションファンド(株式40)
  • 年金積立アセットナビゲーションファンド(株式60)
  • 年金積立アセットナビゲーションファンド(株式80)
  • 三菱UFJライフセレクトファンド(安定型)
  • 三菱UFJライフセレクトファンド(安定成長型)
  • 三菱UFJライフセレクトファンド(成長型)
  • トピックス・インデックス・オープン(確定拠出年金向け)
  • 日経225ノーロードオープン
  • インデックスファンド日本債券(1年決算型)
  • インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)
  • インデックスファンド海外株式(ヘッジあり)
  • インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)1年決算型
  • インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)1年決算型
  • シュローダー年金運用ファンド日本株式
  • 東京海上セレクション・日本株式
  • 大和住銀DC日本株式ファンド
  • DCニッセイ/パトナム・グローバル・コア株式
  • DCニッセイ/パトナム・グローバル債券
  • 三菱UFJ純金ファンド
  • ※掛金は拠出限度額の範囲内で全額所得控除の対象となります。
  • ※運用益に対しては非課税となります(特別法人税の課税対象、但し平成29年3月まで凍結中)。
  • ※年金積立日本債券ファンドは、H24.10.30繰上償還となりました。
  • ※受取時は退職所得控除または公的年金等控除の対象となります。

確定拠出年金制度の概要については、こちらをご覧ください。

※詳しくは、お近くの百十四銀行本支店までお問い合わせください。

詳しくはお近くの百十四銀行窓口までお問い合わせ下さい。